浦和美園駅より徒歩2
048-878-1117

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは

日頃からの不摂生な生活習慣(過食・偏食、運動不足、ストレスなど)が主な原因による慢性疾患が生活習慣病です。なお、生活習慣病とは、ひとつの病気を指すのではなく、生活の乱れが原因で起こる様々な病気を総称した呼び名で、主な疾患には、糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などがあります。

これらの疾患は、いずれも自覚症状が現れないのが特徴です。そのため、いつの間にか動脈硬化などが進行し、気づいた時には狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患を引き起こしていたということも少なくありません。

また、いくつかの生活習慣病を患うようになると心臓病や脳卒中を発症するリスクはさらに高まり、生命にも関わってきます。しかし、日頃の生活習慣を見直すことで予防や改善につながります。

予防とは、飲みすぎ、食べ過ぎに注意してバランスの良い食生活に努める。適度な運動をする。禁煙・節酒に努める。十分な睡眠をとり、リラックスした日々を過ごすようにする、などです。

当クリニックは、生活習慣病の治療にも注力しており、患者様に寄り添った管理・治療を常に心がけています。なお、診療については完全予約制になりますので、患者様をお待たせしません。

主な生活習慣病

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病は、インスリン(膵臓から分泌されるホルモンの一種で、血液中の糖分(血糖)を組織に取り込ませ、血糖値を下げる働きをする)の分泌量が減少する、あるいは量が十分であっても機能低下がみられる状態を言います。

このような場合、血糖値を下げるのが困難になり、常に高血糖な状態となります。そしてこれが長い間続くようになると血管がダメージを受けるなどして、体の様々な部分で合併症(ある病気が元になって起こる別の病気や症状)を発症(糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害は糖尿病三大合併症)しやすくなります。また糖尿病は動脈硬化を促進させるので大血管障害(心筋梗塞、狭心症、脳卒中など)を起こすこともあります。

全患者の9割以上が2型糖尿病

糖尿病は主に2つのタイプに分類されます。ひとつは、インスリンを作る膵臓のβ細胞が破壊されることで発症する1型糖尿病です。もう一方が、過食や肥満など日頃の不摂生な生活習慣が原因で、インスリンの分泌量が減少したり、量が十分でもその機能が低下してしまう2型糖尿病(二次性糖尿病、妊娠糖尿病も含む)で、糖尿病患者の実に9割以上の方が2型糖尿病患者です。

治療について

治療に関してですが、1型糖尿病の場合は、インスリンを適切に補充(インスリン療法*)するようにします。インスリンを補充することで血糖値をコントロールしやすくなり、発症前と同様の生活を送ることができるようになります。

2型糖尿病では、血糖値を正常に保ち、同時に体重や血圧、血中脂質も良好な状態に保つことで様々な合併症などのリスクを減らしていきます。2型の治療の基本は、食事療法(適正な量のエネルギー摂取と栄養バランスの良い食事など)と運動療法(ゆったりと全身の筋肉を使う有酸素運動など)です。2つの療法を行っても改善がみられない場合は、薬物療法として血糖降下薬の服用やインスリン注射などを行います。

*インスリン療法
インスリン注射により体の外からインスリンを補って、健常な人の血中インスリンの変動をできるだけ忠実に再現する治療法のことです。

高血圧

高血圧とは

血圧がある一定範囲を超えて慢性的に高く維持されている状態が高血圧です。正式には高血圧症と言います。肥満・過食、飲酒・喫煙、塩分の過剰摂取、運動不足、ストレスなどが主な原因として考えられています。なお高血圧と判断される数値は、外来時測定で最高血圧が140mmHg以上、最低血圧が90mmHg以上です。

このように血圧の数値が常に高い状態にあると、血管壁が圧力でダメージを受け続けることになります。そうなると血管壁が厚くなったり、硬くなるなどして血管の柔軟性が失われていき、やがて動脈硬化を引き起こします。その結果、狭心症や心筋梗塞、脳卒中、腎臓病などを起こす可能性が高くなるのです。

治療について

治療では、主に血圧を下げることを目的に行いますが、その中心は食事療法と運動療法です。食事面では1日6g未満の減塩、魚や野菜をメインにしたバランスのとれた食生活に努めます。さらに適度な運動(1日30分程度の有酸素運動)を継続的に行いつつ、適正体重にするといった生活習慣の改善を行います。また、食事や運動だけでは改善効果が十分でない場合は、降圧薬などによる薬物療法が行われます。医師から薬を処方された場合は、指示通りにきちんと服用してください。

脂質異常症

脂質異常症とは

トリグリセライドなどの中性脂肪やLDL(悪玉)コレステロールなど、血液中の脂質の濃度が慢性的に高い状態、あるいははHDL(善玉)コレステロールが少ない状態を脂質異常症と言います。

コレステロールは、もともと体に必要とされているもので、細胞膜・ホルモン・胆汁酸をつくる材料でもあります。しかし、これが多すぎると血管にコレステロールを蓄積させ、動脈硬化の原因となるのです。そして血管が狭くなったり、詰まったりして、脳梗塞や心筋梗塞などのリスクが高まるのです。

脂質異常症が起きる原因として考えられているのが、食べ過ぎによるエネルギーの過剰摂取、肥満などで、別の病気が原因(糖尿病や高血圧、腎臓病など)で併発することもあります。また、コレステロールは少なすぎると免疫力が低下するので、様々な病気を招くようになります。なお、自覚症状については、ほぼ見られません。そのため血液検査や健康診断で指摘されて気づくケースがほとんどです。

治療について

治療につきましては、食事療法や運動療法といった生活習慣の改善と薬物療法になりますが、とくに重要なのが食生活の改善です。

高LDL(悪玉)コレステロール血症の方は、動物性脂肪を含む食品とコレステロールを多く含む食品を減らし、植物性脂肪を含む食品を増やします。一方、高トリグリセライド血症の人では、糖質の多い食品やお酒を控えるほか、摂取エネルギー(カロリー)を適正にする必要があります。また運動療法では、無理のない軽度の運動を1日30分以上行うようにします。

以上のような食事療法や運動療法でも効果がみられない場合は、コレステロールや中性脂肪を低下させる薬物療法が行われます。

院長
宮城 長靖
住所
埼玉県さいたま市緑区下野田543-2 Terrace(テラス)浦和美園 1階
お問合わせ
048-878-1117
アクセス
浦和美園駅より徒歩2分
駐車場
当院駐車場ございます。来院時にお問い合わせください。
診療時間
休診日:土日祝
日祝
9:00〜18:00