浦和美園駅より徒歩2
048-878-1117

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時に呼吸が止まってしまう、もしくは低呼吸になる状態を睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)と言います。原因は主に2つのケースが考えられます。

ひとつは、空気の通り道である上気道が物理的に塞がってしまうことで呼吸が一時的に停止してしまう閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)です。この場合は、舌が大きい、扁桃や口蓋垂が大きい、あごが小さい、首の周囲に脂肪がたくさんついているといったことが原因で起きるのではないかと言われています。

もうひとつのケースは、脳からの呼吸指令が出ないために呼吸中枢の異常で起こる中枢性睡眠時無呼吸症候群です。これは、肺や胸郭、呼吸筋、末梢神経には異常がみられないのですが、脳からの指令が発せられないことで無呼吸が生じるというものです。なお、中枢性の睡眠時無呼吸症候群の患者様は、SAS患者全体では数%と言われています。

症状について

主な症状ですが、睡眠時では、いびきをはじめ、中途覚醒、不眠などがみられます。また、睡眠時の影響が起きている時間帯でもみられるようになり、疲労感、日中の強い眠気、起床時の頭痛などの症状も現れます。

このように眠りの質が悪い状態が続くと、高血圧や不整脈、糖尿病、高脂血症、心不全、脳卒中、うつ病などを引き起こす原因にもなりますので、症状に気づいたら、お早めに医療機関を受診するようにしてください。

検査について

以上のような症状などからSASが疑われる場合、まず当クリニックでは自宅でも取り扱い可能な検査機器をお渡しして、睡眠時無呼吸症候群か否かの検査(簡易検査)を行います。

これは、手の指や鼻の下にセンサーを付けて眠りにつくだけで、いびきや呼吸の状態を確認できるというもので、誰でも簡単に扱うことができ、日常生活に支障をきたすこともないので、制約をほぼ受ける来なく検査を行うことが可能です。検査機器などの詳細などにつきましては、お気軽にご相談ください。

治療について

簡易検査もしくは簡易検査からさらなる精密検査が必要と判断され、医療機関で行った検査の結果から、SASと診断された場合、当クリニックではCPAP療法(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)を行います。

CPAP療法とは専用の鼻マスクを睡眠時に装着する治療法です。これを装着すると鼻マスクの装置から、ある一定の圧力を気道にかけられる空気を送り込むことができます。これにより気道を押し広げることが可能になり、喉の閉塞を防ぐようになるのです。

なお、CPAP治療期間中は、定期的に通院し、体調変化や治療状況などを医師に報告するようにしてください。その際に装置の違和感などを覚えるようであれば、その都度ご相談ください。

院長
宮城 長靖
住所
埼玉県さいたま市緑区下野田543-2 Terrace(テラス)浦和美園 1階
お問合わせ
048-878-1117
アクセス
浦和美園駅より徒歩2分
駐車場
当院駐車場ございます。来院時にお問い合わせください。
診療時間
休診日:土日祝
日祝
9:00〜18:00